資格取得に対する意識

  1. HOME > 
  2. 中国地方女性(地域別・性別から見る、取得資格について)

中国地方女性

地域別・性別から見る、取得資格について

調査成果

調査相手
中国地方在住16歳以上の女性
回答人数
30名
質問内容
あなたは、何らかしらの資格を持っていますか。(お答えはひとつ)
選択肢 選択者数 選択割合
資格を保有し、実際に活用できている 3人 10%
資格を保有しているが、活用できていない 12人 40%
資格を持っていないが、現在勉強中 1人 3.3%
資格を持っていないが、興味はある 8人 26.7%
資格を持っていないし、興味もない 6人 20%

調査考察

近年、仕事に活かすために資格を取得しようとする女性が増えています。少しでも就職に役立たせたい、キャリアアップに活かしたいというのが主な動機です。しかしながら、いろいろな種類があり、実際に仕事に活かせている場合とそうでない場合があります。
中国地方に在住する16歳以上の女性30人に調査した結果、「保有し実際に活用できている人」はわずか3人で、「保有しているが、活用できていない人」は半数近くの12人という結果でした。この結果からも多くの人が、取得しているにも関わらず活かしきれていないことがわかります。仕事に活かすためには、何を取得すべきかを良く考えることが必要なのです。極端な例をあげれば、看護師になりたい人が介護支援専門員を取得したとしても役には立ちません。また、より取得しにくいものを取得している人が仕事を行う上では有利に働きます。例えば、介護の分野で介護福祉士は合格率が50%程度とまずまずの難関ですが、介護支援専門員となると25%程度まで合格率が下がりますので、取得している人が少なく、より就職には有利になります。
大切なのは、資格から仕事を選ぶのではなく、まず、やりたい仕事を決めて、その仕事に従事するために必要なものをひとつずつ、着実に取得することなのです。
仕事していく上で専門的な知識やスキルを身に付けることは、とても大切なことです。資格はそういった知識やスキルを持っていることを第三者が証明してくれるものであり、とても有益なものです。必要なものをしっかり選択して取得したいものです。"

【全国平均との比較】
全国と中国地方の女性に対してなにかしらの資格を持っているかどうかという調査を行ったところ、双方ともに持っているが活用しきれていないというのが現状のようです。
また、中国地方の女性は全国と比べても資格に対する興味は持っているという回答の割合が多かったです。
しかし、持っていても全国より活用できている人の割合低めでした。
中国地方の女性は全国の女性よりも資格に興味はあってもなかなか使う機会が少ないようです。