資格取得に対する意識

  1. HOME > 
  2. 北海道地方女性(地域別・性別から見る、取得資格について)

北海道地方女性

地域別・性別から見る、取得資格について

調査成果

調査相手
北海道在住16歳以上の女性
回答人数
30名
質問内容
あなたは、何らかしらの資格を持っていますか。(お答えはひとつ)
選択肢 選択者数 選択割合
資格を保有し、実際に活用できている 5人 16.7%
資格を保有しているが、活用できていない 12人 40%
資格を持っていないが、現在勉強中 0人 0%
資格を持っていないが、興味はある 4人 13.3%
資格を持っていないし、興味もない 9人 30%

調査考察

北海道に在住する女性で、何かしらの専門知識を保有している人の数はどれくらいになるのでしょうか。たくさんの仕事や資格がある中で、女性ならではの仕事や資格と言えるものもまたたくさんありますが、その中で特定の仕事に就くためには、特定の知識の保有が必要となっているものもあります。その仕事に就きたいと思うならば、もちろんその資格保有のための勉強が必要になります。
専門知識を取得する理由として、このように仕事に必要だと言う理由で取得する場合と、仕事としていなくても実生活でその知識が役立つと判断した場合に、個人的に取得する場合とがあります。前者の仕事に従事するために必要となる場合は、その仕事は専門性が高い仕事である可能性も含んでいるため、取得した知識をいかしつつ実務の経験を積むことも重要になります。
また、その知識が正しく継続されるようにや、取得した知識に対してその内容が改定された場合など、一定期間ごとに講習が義務づけられていたりといった理由で、その資格の更新の手続きなどが必要となるものもあります。長期でそのような仕事に従事するのであれば、こういったための継続手続きは必須となりますが、後者のような理由で個人的に取得した場合は、内容の改定などの情報は環境的理由から得ずらいかもしれませんし、仕事としての保有ではないため、一度その知識を身につけたら、継続のための定期的な手続きは必要ないと判断する方もいるでしょう。
いずれにしても、保有したいと思う知識に興味がなければその取得のための勉強も意味がありません。
【全国平均との比較】
全国と北海道の女性に対して、何かしらの資格を持っているかどうかという調査を行った結果、双方とも保有はしているものの実際に活用ができていないという回答が最も多かったです。
また、持っていないという回答においては、資格自体に興味がないという回答は北海道が割合的に多くて、全国の方が興味を持っているという結果でした。
北海道の女性は、資格を活用できる機会も少なく、必要性を感じていない人が多い傾向にあるようです。